セルフカット失敗!修正するために、美容室に行っても失礼じゃないワケ

こどもカット

美容室は髪や頭の悩みを解消する場所

セルフカットの修正をしに来ても、失礼と思わないです

あまり知られていませんが…

『自分で切ってみたんだけど、失敗したから直して欲しい!』と美容室に来るお客様は、多いです!

元美容師レモン
元美容師レモン

私の働いていた美容室では、1ヶ月に数名いたよ★

修正を繰り返して、切りすぎて後悔する前に!早めに美容室に行って、直すことをオススメします

美容室に行く以外の選択も考えてみたので、自分に合った方法で解決して頂ければなと思います

『切る→修正』の〝無限ループ〟で短くなる髪

自分で修正すると、どんどん髪が無くなる

この髪をどうにかしないと、外に出れない!

美容室で直してもらいたい!

けど….失敗した髪を、直してもらうのは、失礼かな?

今の状態よりも少しでもマシにしたいから、美容室に行きたいけど….恥ずかしくて行けない….

美容室に修正しに来ることは、恥ずかしい事ではないです!失礼とも思わないです!

本当に恥ずかしいのは、失敗した髪型のまま生活することだと思います

美容室は髪の悩みを解決する場所

自分一人で考えて、スッキリした答えが、なかなか出ないとき

髪のプロに相談すると、自分では想像つかない解決策があるかも!

まずは相談からしてみよう

失礼と思う美容師はいない!頭がかゆいから、シャンプーだけをしに来る人もいる

『頭がかゆいから』という理由でシャンプーだけをしに来る人もいます

人にシャンプーしてもらうのって、とっても気持ちいいですよね!汚れがごっそり落ちている感じで、すごくサッパリ★

そんな理由で、気軽に利用してOK

(ちなみに….美容室の数は、コンビニよりも多いんですよっ)

こんな理由で来る人もいます

・髪型と値段の相談
・どんなメニューがあるか聞きに来る
・商品を買いに来るだけ
・おしゃべりに来る(忙しい時は、あまりしないで欲しいです笑)

髪、頭の悩みは人それぞれ。いろんな理由で美容室を利用するお客様がいます

短くなりすぎると、美容師でも修正できないことがある

どれくらい失敗したか

それを

どれくらい修復したいか

によって、修正できるか?できないか?が決まります

美容師が髪の状態を直接見ないと、修正できるかはわからないです

とにかく、今の状態よりもマシにしたい!という人は

切りすぎてしまう前に、早めに美容室に行くことをオススメします

美容室でカウンセリング(どんな髪型ができるかなどの相談)をしっかりして

やっぱり切らない!それでもOKです

美容室は髪の悩みを解決する場所

相談をして、髪を切る必要が、無いと思うと切らなくても良いのです

確認してから美容室へ!パターン3つ

長さを変えたくない

自分で結構短く切ってしまった….けど、これ以上短くしたくない!

そんな、長さを変えたくないけと、修正したい場合は

完璧な髪型を求めない

少しガタガタしてても、仕方ない!ことを受け入れる

髪の長さ、髪質によって、できること、できないことがあります

髪の長さを切らなくても、薄くしただけで、髪が浮き上がって、見た目が短くなってしまいます

切る前に、しっかり相談して、自分が納得して実際に切ることをオススメします

ひどく失敗してないけど、整えて欲しい

ほんの少ししか切らなくても、値段は全体カットの金額です

それでも、すこし整えるだけがいい!という人は、直して欲しいポイントをできるだけ詳しく伝えましょう

『見た目を変えないで、毛先をそろえて欲しい』

『毛先をそろえて欲しい。ココは薄くしてほしいけど、こっちは薄くしないで欲しい』

できるだけ、細かく言うと自分の思い描いている髪型に近づけます

ちょっと勇気がいると思いますが、遠慮なくバンバン伝えて下さい

はっきり、明確に決まっているほど美容師は切りやすいです

希望に添えるように頑張りますヨ★

どんな髪型が自分に似合うかわからない

直して欲しいけど、今の状態から自分に似合う髪型がわからない!ときは

美容室でヘアカタログを見ながら、美容室と相談する

『ネットで画像を調べたんですけど、どんな髪型が自分に似合うか想像できなくて…』

と切り出してみる

美容師は、お客様がイメージがしやすいようヘアカタログを持ってくると思います(カタログ持ってこなかったら、カタログ見たいです!と伝えてみてください)

髪型がいっぱい載っているカタログを見ながら説明を受けると、〝自分がこの髪型になったらどうだろう?〟をイメージしやすいと思います

その時に確認することは

・失敗したところからできる髪型
・自分の顔の形に合う髪型

この2つを確認できれば、かなり選択肢が絞られます

コレにしたい!という髪型が見つかればいいですが

『アレもいいし…コレもいいなぁ…』

と悩んでしまう場合は、消去法がオススメです

何個かコレいいな!と思う髪型をピックアップして、その中で、やっぱコレは違うな!と思う髪型を消していく

簡単なことですが、1つひとつ細かく比べてるうちに、自分が好きな髪型が見えてくる瞬間があります

美容室に行く以外の選択もあるよ

ホットペッパー ビューティ

CMでおなじみ!電話で予約するのが苦手な人にオススメ

クーポンが豊富、ポイントがたまるのが嬉しい

前髪だけだと、ワンコインでできるところもあります

ネット予約のコツは

お店の雰囲気よりも、美容師の雰囲気の方が大切

美容師は十人十色、それぞれクセ、好きな切り方があります

自己紹介写真の髪型、服装、メイク、顔の表情などを見て、この人にお願いしたい!という人を見つけてみてください

好きな雰囲気の人を見つけられると、自分好みの髪型に近づる確率UP

ココナラ

やっぱり美容室に行きたくない!という人にオススメ

セルフカットで失敗した髪を、修正するためにはどうやって切ると良いか

切り方を聞くことができます

現役の美容師、美容師をしていた人が『セルフカットの切り方』を出品しています

価格は500円〜

聞く時のコツは

今の現状(どれくらい失敗したか)と、どうしたいか(こんな風にしたい!という写真があればよりgood)を細かく伝えること

目的がはっきりしていると、より細かく髪の切り方を説明できます

ミニモ

どうしてもお金をかけたくない人にオススメ

無料で髪を切れる美容室がある

minimo(ミニモ)

なぜタダで髪を切れるかと言うと…

美容師の練習台だから

練習台といっても….あと、ほんの少しで、スタイリスト(お金を頂いて髪を切る)になれる!と言う状態なので

ほぼ普通の美容師です

美容師は、スタイリストになるまで(髪を切ってお金を頂く)は、何年もアシスタント時代があります(下積み)

ひとり立ちする前の、最終の確認作業なので、協力して頂けるとすごく嬉しいです

注意点

あくまでも練習台です
通常よりも時間がかかります
髪を切り終えた後に、先輩美容師がしっかり切れているか確認したり、切りなおしたりすることがあります

口コミを見て、評価の良い美容室だと、切り終えた後のフォローがしっかりしているところが多いです

他にも解決策は、いっぱいあると思います!

自分が納得いす方法で、失敗した髪を修正するのが1番!

美容室は、髪、頭の悩みを解決する場所

修正しに行くのは失礼では無いので

気軽に利用して下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました